共有持ち分の相続について

この質問で『他の人と共有している(持分割合を指定する)』を選択すると、名義を変える不動産の持ち分を入力できるようになります。登記情報や権利証を参照して、現在の登記上の所有者(亡くなられた方=被相続人)の持分を入力してください。

亡くなられた方(被相続人)が不動産を一人で所有していた場合

不動産の現在の所有者はAさん一名、これをBさんが相続するような場合です。

この場合は、『所有者は一人で、他に共有者はいない』を選択してください。

被相続人が不動産を一人で所有しており、複数の人が共有して相続する場合

不動産の現在の所有者はAさん一名、持ち分の2分の1を配偶者のBさんが、2分の1を子供のCさんが相続し、譲渡後はBさん2分の1、Cさん2分の1で不動産を共有するような場合です。

この場合も、『所有者は一人で、他に共有者はいない』を選択してください。

法定相続分にしたがって共有する場合、遺産分割協議書の作成が不要になります。

不動産を複数の人が所有していて、被相続人がその一人だった場合

不動産の現在の所有者はAさんとBさん、Aさんだけが死亡したため、Aさんが持っている持ち分2分の1をCさんに譲り渡して、譲渡後はBさんとCさんが不動産を共有するような場合です。

この場合は、『他の人と共有している(持分割合を指定する)』を選択して、土地または建物ごとに亡くなられた方の持ち分を入力してください。

持分を持っている複数の人が、いずれも亡くなられた場合

不動産をお父さんとお母さんが持ち分2分の1ずつで共有していて、両者が相次いで亡くなったためにこれの全部を子供のCさんが相続し、以後はCさんだけがこの不動産を所有する場合です。

この場合、司法書士の報酬について正確な金額が計算できません。譲り渡す持ち分の合計を入力することで、実費の概算額を知ることができます。

Aさんの持分のみ・Bさんの持分のみについて2回に分けて算出した費用の合計は、概ね登記費用の総額を示します。