労働相談業務 > よりよい労働相談のために(目次) > こんな相談者はダメ > 電話で!今すぐ!無料で!

電話で!今すぐ!無料で!それで効果が上がる労働相談はあるのでしょうか

仕事中に電話をかけてきて、「そちらのウェブサイトをみて、ちょっと聞きたいんですが」という方がおられます。

すぐに、しかも無料で相談することはないと答えるのですが、「かんたんなことだから」と食い下がってくる方もいます。

無理です。こちらは他の仕事をしています。

そういうことは顧客誘致のために無料相談をやると言いふらしている事務所でならいいでしょう。
逆に、無料相談を電話でやると明言していない事務所に対してこうした電話をかけても間違いなく取り合ってもらえません。あたりまえです。

ラーメン屋さんに行って「ラーメン一口だけでいいからタダでくれ。今すぐに」と戸口で呼ばわる人はいるでしょうか。
それはただの非常識な人です。

法律事務所や司法書士事務所が提供するサービスの本質が知識や情報であり、まさにそれをタダでくれ、と言うのですから、ラーメン屋さんでラーメン一口タダで食わせろというのと同じです。相手にしてもらえると思う方がおかしいのです。
最近は顧客誘致のための無料法律相談あるいは労働相談が、士業の事務所のマーケティングの手段として推奨されています。そんな事務所が増えたからといって、どんな事務所でもタダで問い合わせに応じると考えるのは都合よすぎです。

デパートの地下でならいろいろ試食ができるからといって、そのデパートの隣にあるラーメン屋さんで「ラーメン一口試食させてくれ」という人はいないでしょう。ところが士業の事務所には、そうした問い合わせをかけてくる人がいるのですからおかしな話です。

ウェブサイトで問い合わせ先を探す場合、その事務所が無料で相談を受け付けるかどうかは明示されています。電話での問い合わせや相談が無料という表示がない事務所では、労働相談は予約をとって、所定の料金を払って行うものだと考えてください。


ページトップへ戻る
Last Updated : 2015-04-05  Copyright © 2014 Shintaro Suzuki Scrivener of Law. All Rights Reserved.