トップページ > サービス一覧(労働紛争解決支援以外の裁判書類作成代行)

法律相談・裁判書類作成などのサービス一覧本人訴訟・自分でする裁判の支援

定型訴状や差押・調停申立書の作り方の相談から、オリジナルな陳述書作成まで。
各種裁判書類の作成代行と相談で、自分で裁判手続きを進める方を支援します。

ページトップへ戻る

裁判所提出書類作成・相談司法書士の業務 受託後の相談料金を含む

裁判所提出書類作成簡易裁判所に提出するもの

裁判所所定の定型書式が使えるものは、一律で右欄の料金とします。

種類(簡易裁判所に提出するもの)定型書式料金(正本4枚まで)
少額訴訟・通常訴訟の訴状 2万円
民事調停・特定調停申立書 2万円
特定調停は1社ごとの額
支払督促申立書 2万円
債権仮差押命令申立書 4万円
陳述書を加えた場合の額
少額訴訟債権執行申立書 2万円
その他、文案の作成を要する書類
準備書面・陳述書・移送申立書など
2万円
上記各書類のページ数が増加する場合 5000円
正本1枚ごとに

裁判所提出書類作成高等裁判所・地方裁判所に提出するもの

請求額ではなく、書類作成枚数で料金が決まります。
定型的な申立書作成・納期の長い依頼について、料金を減額します。

種類(高等・地方裁判所に提出するもの)料金(正本4枚まで)
通常訴訟の訴状・準備書面
移送申立など、付随する事件も含む
3万円
その他非訟事件の申立書 3万円
破産・民事再生での債権者提出書類
免責許可への即時抗告など
3万円
申立書の検討を必須とする
不動産・債権仮差押命令申立書 6万円
申立書に陳述書を加えた場合
債権差押命令申立書 3万円
債務名義がある場合
担保権の実行・競売を開始させる申立書 9万円
正本10枚の増加を含む
その他、文案の作成を要する書類
陳述書・上記以外の申立書など
3万円
上記各書類のページ数が増加する場合 6000円
正本1枚ごとに

裁判所提出書類作成家庭裁判所に提出するもの

裁判所所定の定型書式が使えるものは、一律で右欄の料金とします。

種類(家庭裁判所に提出するもの)定型書式料金(正本4枚まで)
家事調停・審判申立書
裁判所ウェブサイトに書式があるもの
3万円
上記のうち、提出書類が2枚以下のもの 1万5千円
その他文案の作成を要する書類
主張書面・上申書・上記以外の申立書など
3万円
各書類のページ数が増加する場合 6000円
正本1枚ごとに

文案を要しない書類作成・提出代行・副本調製各裁判所共通

種類(各裁判所共通)料金(1枚または1回)
文案を要しない書類 500円
副本・証拠書類調製
200円
書類提出・取得代行 3000円

各種相談・書類の精査および添削

種類料金
法律相談 2時間
140万円以下の民事紛争に限る
4000円
以後1時間ごとに 3000円
書類作成に関する相談 2時間 4000円
以後1時間ごとに 3000円
事務所外で行う相談 2時間 5000円
以後1時間ごとに 3000円
書類の精査・添削 10分 500円
難易度により、最大1000円

高額・困難な案件について

以下に関する相談では、法律相談・書類作成の相談とも、2回目以降の相談の料金を1時間6000円とします。

  • 不動産を目的とする訴訟
  • 金銭に換算できない請求
  • 慰謝料・付加金の請求
  • 事業主・事業・社員や株主の権利
  • 4名以上の相談者と同時に相談するもの
  • その他、1回目の相談終了時に定めたもの

料金の調整について

特定の依頼または手続きについて、料金に上限を定めたり料金の一部を後払いとすることがあります。

ページトップへ戻る

簡易裁判所訴訟代理司法書士の業務

訴訟代理では書類作成枚数ではなく、請求額と実現した利益で報酬が決まります。
下記の料金は、上限額です。請求額・難易度により減額します。

種類着手金成功報酬
通常訴訟・少額訴訟・民事調停請求額の
10%
実現した利益の
20%
支払督促・仮執行宣言申立請求額の
10%
なし
債権仮差押命令申立請求額の
15%
仮差押に成功した額の
15%
裁判外での和解交渉
紛争解決手続の代理
請求額の
10%
実現した利益の
20%
作業時間で料金を定める場合
一期日のみ出廷する場合など
10分ごとに
2000円
なし

被告・相手方での代理について

訴訟の被告など請求を受けた側での代理は、上記の半額を基準に報酬を定めます。

ページトップへ戻る
Last Updated : 2015-05-18  Copyright © 2013 Shintaro Suzuki Scrivener of Law. All Rights Reserved.