登記・FP業務 > ご依頼費用 > 贈与・代物弁済・売買の登記

贈与・個人売買・代物弁済の登記費用家族・親類・知人との不動産名義変更

不動産名義変更を司法書士・FPがサポート契約書作成から登記後の相談まで

  • 相続対策として、妻や子に土地や投資用マンションを譲りたい。
  • 親の家に子の資金でリフォームするので共有持分を譲渡したい。
  • 知り合いから、住宅を安く売ってもらえることになった。
  • 遺産分割が済んで、相続した不動産を家族に贈与したい。
  • 自分で契約書を作ったり、登記ができればいいのに。

そんな方に、契約書類の作成から名義変更後の活用・相続対策まで対応します(主な対応地域:名古屋市〜東京・大阪)

ページトップへ戻る

東京〜大阪 出張費を含む司法書士費用ご指定の場所まで訪問します

住宅の名義変更不動産2個

訪問先が愛知県外1ヶ所の場合

来所される場合、交通費・日当は不要です。

必要な実費

主に以下の場合で、依頼費用が変わります

費用が増える場合

当事者が3人以上
当事者1人につき、2000円
不動産が3つ以上
不動産1個につき、2000円
訪問先が2カ所以上
1カ所につき、上限15000円

費用が減る場合

当事務所に来所できる
訪問費用を不要に
作成済みの契約書がある
契約書作成費用を不要に
ページトップへ戻る

必要書類

  1. 不動産の持ち主が用意するもの
    • 評価証明書または評価通知書
    • 登記識別情報通知または登記済証(権利書)
    • 印鑑証明書
  2. 不動産を譲り受ける人が用意するもの
    • 住民票
ページトップへ戻る

見積もり・費用について

電話:0120−969−274携帯からは:052-895-7896

受付時刻:平日・休日とも 12時から


現在の電話受付状況


お問い合わせフォーム

送信の翌日までにお答えしています

クレジットカード対応

クレジットカード

登記費用はクレジットカードでお支払いいただけます。
送金にはNTTスマートトレード株式会社の『ちょコム送金』を利用しています。

送金額10万円以内であれば実費の支払いも可能です

ページトップへ戻る

この費用計算例および報酬額基準は、当事務所独自のものです。

当事務所では所有権移転登記のお客さまと必ず面談しています。
名古屋市から面談のための遠距離出張も積極的にお受けします。

ページトップへ戻る