報酬額基準(不動産登記)Tariff

ページトップへ戻る

登記申請書類作成の料金

登記申請する不動産の課税標準価格(債権額)5000万円までは、全て同じ料金とする

登記申請に関係する人のなかで、次の人は当事者とみなして人数を数える

  • 登記申請を行う申請人(権利者および義務者)
  • すでに死亡した人(被相続人)
  • 代位される人
  • 相続登記における遺言執行者
  • 代理人および代表者
  • 担保権設定登記の際の、債務者
  • 相続登記における、法定相続人

登記義務者の登記済証または登記識別情報が必要な場合は、用意できる場合を標準とする

仮登記および、仮登記の本登記はそれぞれの本登記の料金とおなじ

ページトップへ戻る

所有権保存登記

基本(所有者一人の場合)

  • 1万円

加算

共有者一人増えるごとに
2千円を加える
敷地権付き区分建物
8千円を加える
敷地権が2個以上ある場合
敷地権1個ごとに2千円を加える
ページトップへ戻る

所有権移転登記(一般的な意味での名義変更の手続き)

基本(当事者2名・登記する不動産1個の場合)

  • 2万円

加算

当事者一人増えるごとに
2千円を加える
複数個の土地建物について一括して登記申請できる場合
不動産または敷地権1個について2千円を加える

共有持分の全部または一部の移転登記の料金は、所有権移転登記と同じ

ページトップへ戻る

所有権登記名義人表示変更・更正(登記されている人の氏名や住所を変更する手続き)

基本(変更する所有者または共有者1人・変更箇所1ヶ所の場合)

  • 5千円

加算

変更する記載1ヶ所増えるごとに
2千円を加える
複数個の土地または建物について一括して登記申請できる場合
不動産または敷地権1個について2千円を加える
ページトップへ戻る

所有権抹消または更正登記

基本(当事者2名・登記する不動産1個の場合)

  • 2万円

加算

当事者一人増えるごとに
2千円を加える
複数個の土地建物について一括して登記申請できる場合
不動産または敷地権1個について2千円を加える
ページトップへ戻る

抵当権設定・処分・移転・債権額の増加の登記

基本(当事者2名・登記する不動産1個の場合)

  • 2万円

加算

当事者一人増えるごとに
2千円を加える
複数個の土地建物について一括して登記申請できる場合
不動産または敷地権1個について2千円を加える

根抵当権は、その他の担保権として報酬を計算する

ページトップへ戻る

その他の用益権・担保権の設定・処分・移転・保存の登記

基本(当事者2名・登記する不動産1個の場合)

  • 3万円

加算

当事者一人増えるごとに
2千円を加える
複数個の土地建物について一括して登記申請できる場合
不動産または敷地権1個について2千円を加える
ページトップへ戻る

所有権以外の権利の抹消登記

基本(当事者2名・登記する不動産1個の場合)

  • 5千円

加算

当事者一人増えるごとに
2千円を加える
複数個の土地建物について一括して登記申請できる場合
不動産または敷地権1個について2千円を加える
ページトップへ戻る

所有権以外の権利の登記名義人表示変更または更正登記

基本(変更する登記名義人1人・変更箇所1ヶ所の場合)

  • 5千円

加算

変更する記載1ヶ所増えるごとに
2千円を加える
複数個の土地または建物について一括して登記申請できる場合
不動産または敷地権1個について2千円を加える
ページトップへ戻る

所有権以外の権利の変更・更正の登記

基本(当事者2名・登記する不動産1個の場合)

  • 2万円

加算

当事者一人増えるごとに
2千円を加える
複数個の土地建物について一括して登記申請できる場合
不動産または敷地権1個について2千円を加える
ページトップへ戻る

登記申請の添付書類で、文案を要するものの作成

下記のいずれか安い方を料金とする

A4版1枚を基準として
1枚5千円
作成にかかった時間を基準として
15分1千円
ページトップへ戻る

この費用計算例および報酬額基準は、当事務所独自のものです。
他の事務所がお客さまに提示した見積もりが妥当かどうかは、お答えできません。

登記手続きを正しく行うために、当事務所では所有権移転登記で『申請人に面談できない登記申請代理』を行いません。

ページトップへ戻る