トップページ > 民事法律扶助・クレジット払い

司法書士費用の支払いに後払いが利用できます民事法律扶助にも対応

民事法律扶助制度・クレジットによる後払いのご案内Legal aid & Credit

公的な制度とお持ちのクレジットカードで、
相談や依頼費用を後払いできるようにしています。

民事法律扶助来所の方限定

民事法律扶助は無料法律相談のほか、裁判書類作成などの司法書士報酬の立替を受けられる公的な制度です。

当事務所(名古屋市)に来れる人が利用でき、収入等の要件があります。

クレジットカードでの費用支払い

司法書士への費用・実費をクレジットカードでもお支払いいただけます。

債務整理を除くすべての依頼に対応します。

ページトップへ戻る

無料法律相談など、民事法律扶助制度の利用

無料法律相談(民事法律扶助)

当事務所(場所:名古屋市)で行う、無料法律相談です

当事務所やその他の法テラスと契約した弁護士・司法書士事務所で、最大三回まで無料法律相談を受けられます。事前の申し込みは不要です。

民事法律扶助による法律相談の利用には、収入・現預金の額が基準を下回っていることが必要です。

争う金額が140万円を超える紛争や、地方裁判所・高等裁判所・家庭裁判所で手続きが行われている紛争に関する法律相談は、弁護士が行います。

2160円で行う内容証明文案等作成簡易援助の制度による

民事法律扶助による無料法律相談中に、争いの相手に送る書類で相談時間中に作れるものを作成します。

自己負担額は税込2160円(相談料金は無料)で、相談に来た方が相手に出す次のような書類の作成を代行します。

作成できる書類の例内容証明郵便として使えます
  • 給料や貸金などの支払いを求める催告書
  • 時効援用やクーリングオフをする通告書
  • 相手に対する回答書や意向を尋ねる書面

行政書士が行う内容証明の作成(費用:数千円〜数万円)に似たサービスですが、司法書士が公的な制度を利用して安価におこなう点が異なります。
請求額が140万円を超える紛争に関する書類は弁護士にご依頼ください。
本人名義の書類を作ることができます。代理人になる場合は別に費用を定めます。

ページトップへ戻る

無料法律相談で相談できること140万円までの法律相談

お金の支払いがない・請求したい

  • 給料や業務委託報酬が20万円、未払いになった
  • 100万円のお金を貸した・売掛金があるが支払われない
  • 交通事故その他不法行為で50万円の損害賠償請求をしたい

お金の支払いを請求された

  • 未納の家賃30万円を請求されている
  • 発注した工事に問題があるが、代金80万円の請求があった
  • 慰謝料として100万円の請求を受けた
  • 債務整理をしたい。業者一社あたりの借金は140万円を超えない

裁判に対応したい・裁判書類を作りたい

  • 上記のような請求をする訴訟・調停その他の制度について知りたい
  • 簡易裁判所から訴状・調停申立書・支払督促・仮差押命令が送られてきた
  • すでに簡裁で訴訟を進めているが、わからないことができた

請求額が140万円を下回る相談であれば、お金ではない財産(建物・土地の一部・動産の引き渡しなど)に関する法律相談にも対応します。

ページトップへ戻る

司法書士報酬・実費の立替(民事法律扶助)

裁判書類作成や簡易裁判所訴訟代理の費用の立替払いには法テラス地方事務所の審査が必要です。
お客さまには審査に同行したり、月収・資産の額が規定を下回っていることがわかる資料をご準備いただきます。

この制度による司法書士報酬は、当事務所ウェブサイトに示す報酬と異なります。

ページトップへ戻る

クレジットカードによる支払い

手続の実費と司法書士への費用の支払いをクレジットカードで

債務整理を除き、誰でも全ての依頼・相談で使えます

『ちょコム送金』(NTTスマートトレード)のサービスを利用して、クレジットカードによる支払いを受け入れています。

当事務所への報酬・交通費の支払いのほか、購入を代行する印紙代・切手代など実費の支払いにもご利用いただけます。

どなたも使える通常の送金手段ですが、債務整理業務の依頼またはクレジットの支払停止の可能性のある方のみ利用できません。

支払が必要なつど、金額とメールアドレスをお知らせします。
下記のURLにアクセスし、金額等を入力してください。

送金用URL

ページトップへ戻る
Last Updated : 2016-09-22  Copyright © 2013 Shintaro Suzuki Scrivener of Law. All Rights Reserved.