ひとりで できるもん!?債権差押命令申立 Contents

はじめに

このコンテンツでは、ふつうのひとが『すでに持っている債務名義を用いて、郵送で債権差押命令の申し立てを行い、終了させること』ができるようにするための各書類の作り方を説明します。

残念ながら、このコンテンツは誰かに請求できる債権を確実に回収することを説明できているわけではありません。これから説明する債権差押命令の申し立ては、合法非合法ふくめて世にたくさんある債権回収の方法の一つにすぎず、この手続き自体特に優れているわけでも確実性があるわけでもない、ということをあらかじめ知っておいていただきたいと思います。

それでも、手段の一つと割り切って適切に申し立てを行うことができたなら、このコンテンツをお読みの方々が債権者として持っている権利=貸したお金や未払いの給料、売掛金や養育費の回収実現に役立つことがあります。
あまり期待せずにこのコンテンツを読んでみて、できそうならばやってみる、という選択ができるようになったら、それは何もできないよりきっといい、筆者はそう思っています。

もちろん、筆者の事務所に申立書類の作成をご依頼いただくのも大変ありがたいことだと思っています。

ページトップへ戻る

参考文献

誰でも債権差押命令申立書を作ることができ、郵送で申請を開始・完結できるようにするのが本コンテンツの目的ですので、このコンテンツのほか市中の図書館で入手できそうな債権回収・強制執行関連の参考文献を挙げておきます。手続きや制度の概要をより深く知りたい、またはもっと他の書式をみたい、というときに探してみるとよいでしょう。

市立(大規模館)〜県立図書館に所蔵があることが多いです。請求債権目録や差押債権目録の見本が多数掲載されています。

弁護士の執筆による一般人向け解説本です。中小規模な図書館でもよくみかけます。強制執行の手続き全体を概観したいときに。

債権回収のための、法的手続き全般の解説。まだ債務名義を取得していない方向けです。

参考文献は図書館で

これらは図書館に所蔵があることを期待しやすいという点で選んだもので、購入を推奨するわけではありません。リンク先で書誌情報を把握して、お近くの図書館で検索をかけてみてください。

ページトップへ戻る
Last Updated :2013-06-23  Copyright © 2013 Shintaro Suzuki Scrivener of Law. All Rights Reserved.