贈与・財産分与・親族間の売買知人との所有権移転登記の見積もりを比較するために

ページトップへ戻る

不動産業者が関与しないで行う、名義変更の手続きの見積もり

知り合いとの不動産名義変更いいも悪いも「皆さん次第」です

 ここでは、生きている方から不動産をゆずり受ける手続きのうち贈与・財産分与・親族間での売買をとりあげて司法書士からの見積もりの取り方を説明していきます。

 これらの手続きでは不動産業者・金融機関など「手続き全般を実現させる強い意志をもって行動し、そのために司法書士を連れてくる人」の関与がないか薄いのが特徴です。このため、当初の計画が延期・中止されることもしばしばあります。
この点と手続きが非定型的である点は、一部の司法書士が依頼を回避する理由になっています。以前自分のマンションを買ったときに登記をしてもらった司法書士に財産分与(離婚)での不動産名義変更を依頼したらあっさり拒絶された、というお話しは時折聞くことがあります。

お客さまは当然、自由に司法書士を選べるわけですが、依頼を受ける司法書士の態度によって最終的に実現したい目標に必ずしもたどり着かない可能性もあります。

手続きそのものが妥当か本稿では検討しきれないテーマです

「○○を理由として、AさんからBさんに土地の名義を変えてほしい」というご依頼そのものにはどんな司法書士でも対応する能力を持つのですが、「そのご依頼に応じることが適切かどうか」の検討が誰からもなされないこともよくあります。
依頼人がたまたま思いついた手続きが実行されただけで終わり、問題が起きるまでそれに気づかないというのはよくあることなのです。これは、相続をめぐる遺産分割でも同じ危険を指摘できます。

 ですので一つの理想として、皆さんが実現したいこととそれを実現する目的をよく聞き取って時間を割いて考え、代わりになる選択肢を提案してくれる司法書士事務所を選ぶのがよい、という考え方もとれます。数値として提示される要素、すなわち報酬の安さを売りにする事務所を探すこととはまったく違う方法で事務所を選ばなければならないため、ここではそうした事務所の選び方は説明できません。以下では一応、皆さんが決めた贈与なり財産分与の方針が正しいものとして司法書士への見積もり依頼の準備の仕方を説明します。

ページトップへ戻る