債務名義返還申請書

債務名義返還申請書

債権者  甲野太郎【1】
債務者  株式会社サンプル不動産【2】
第三債務者  株式会社見本銀行【3】

上記当事者間の御庁平成25年(ル)第123号債権差押命令申立事件について、本事件は終了しましたので、本事件で使用している債務名義の正本および送達証明書各1通を返還されたく申請致します。【4】

平成25年6月30日【5】

債権者 甲野太郎【6】

名古屋地方裁判所 御中【7】

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−【8】

請書

上記債務名義の正本および送達証明書各1通を受領しました。【9】

平成25年6月30日【10】

債権者 甲野太郎【11】

ページトップへ戻る

説明

【1】

債権差押命令申立書に添付した当事者目録に記載の債権者名を書く。

【2】

当事者目録に記載の債務者名を書く。

【3】

当事者目録に記載の第三債務者名を書く。送達場所の記載は不要。

【4】

今回の債権差押命令の事件番号を記入する。提出している債務名義・送達証明書の枚数に応じて書き換える。

【5】

提出日を書く。

【6】

債権者名を書き、捺印する。

【7】

債権差押命令を申し立てた裁判所名を書く。

【8】

実際には直線を記入する。

【9】

【4】と同じ枚数を書く。

【10】

提出日を書く。空欄にして提出させる裁判所もある。

【11】

債権者名を書き、捺印する。

ページトップへ戻る
Last Updated :2013-06-23  Copyright © 2013 Shintaro Suzuki Scrivener of Law. All Rights Reserved.